×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

再就職を考えているのであれば職業適性検査

職業適性検査とは自分に適した職業をアドバイスしてくれる検査のことです。
自分が何にむいているか、知るためのひとつの手段だと考えたほうが良いでしょう。
一般的には就職活動考えている人はこの職業適性検査を良く聞くと思います。
職業を選ぶ上で総合的に判断して、各職業について、適性が算出される試験です。
職業適性検査ででた結果は、必ずしもその職業が良い!というだけではありません。
職業適性検査ででた結果の中で、自分の知らない職業について興味があれば、またその
職業の職業適性検査があれば、また受けるとよりその職業が自分に向いているかの理解が深まります。
再就職を考えているのであれば職業適性検査をおすすめします。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

職業適性検査は難しい??

職業適性検査は試験なのですが、試験というと難しそうな響き・・・
就職活動をしている学生は、特にひいてしまうでしょう。それは職業適性検査の意味を知らないから単に難しいという思ってしまう。職業適性検査は主に知的能力・言語能力・数理能力・書記的能力・空間判断力・形態知覚・運動共応などこれらの問題自体は実に簡単なものです。
対象レベルとしては、中学生ぐらいからのものからあります。
職業適性検査を受ける際には、中学生以上の年齢であれば大丈夫!それだけです。
職業適性検査の問題の内容は公表はできませんが、この職業適性検査を受ける人は対象年齢以上のはずです。
これで難しい?という思うことはなくなると思います。

労働省職業適性検査について

職業適性検査の種類は数多くあります。対象年齢や職業別など労働省職業適性検査は中学生〜成人(45歳程度) が対象です。この年齢にたっしていれば、誰でも大丈夫です。
この職業適性検査は9つ項目があります。適性能(知的能力、言語能力、数理能力、書記的知覚、空間判断力、形態知覚、運動共応、指先の器用さ、手腕の器用さ」を測定。
所要時間は紙筆検査(45〜50分)これは、知的能力、言語能力、数理能力、書記的知覚です。
所要時間は器具検査(12〜15分)これは空間判断力、形態知覚、運動共応、指先の器用さ、手腕の器用さです。
この労働省職業適性検査の特徴は制限時間内にできるだけ早く正確に回答する最大能力検査。個別でも集団でも実施可試験中はとにかく落ち着いてやることです。
回答の間違いはなるべく少なくしつつ、かつある程度の問題数をこなす、落ち着いていれば考え込んでしまうこともありません。

スポンサード リンク

Copyright © 2009 再就職には職業適性検査